INTERVIEW #1

大きな歯車の一部で終わらない、
代わりのいない営業へ

久保 亮

ryo kubo

営業部

2017年入社

01

海外で見つめ直した自分のキャリア

大学卒業後、某自動車メーカーに入社し工具や機械販売の営業の仕事をしていました。
入社して2年が経った時、大きな組織の中の歯車の一部のような感覚からキャリアを見つめ直そうと思い、ワーキングホリデーでオーストラリアへ渡りました。
日本人が少ない環境の中で、働いたり学校へ通いながらキャリアを考え直し、グロービズの動画を見て成功してるのはどんな人たちなのか勉強しました。
その後日本へ戻り、サムライインキュベートに就職しました。そこで仕事をする中で営業になりたい気持ちが強くなっていたところ、
アクシスモーションを紹介していただき、代表取締役の田中さんとお会いしました。
アクシスモーションでは自分で働き方を決めることができ、20代で成長できる環境だと感じました。
そして何より代表取締役の田中さんと話していて、やりたいことがはっきりしているのでこの人についていきたい、一緒に働きたい!と強く思い、入社を決めました。

運と諦めない気持ちが生んだ結果

現在は九州全体のオペレーション業務と関東エリアの既存・新規顧客の営業を担当し、各地を飛び回っています。
九州エリアでは新規開拓した後にいかにうまく回せるか、現場で状況を見てから本社とアシスタントに指示を出しています。人が足りなかったエリアが最近ようやく回り始めました。
関東では今まで会社として新規営業というものを行ってこなかったのですが、テレアポから数社獲得することができました。
1日に何百件も電話をかけ続け、繋がったのは10社くらいですが・・・
その中で、代表取締役に直接電話をすることができ、6回目でお話を聞いていただけたお取引先もあります。
運もありますが、諦めず行動をしたことが結果に繋がったと思います。

02

03

大企業で感じられなかった責任感

アクシスモーションに入社してから「自分で考えて行動する」ということが増えました。誰かの指示を待っていると動けないので、自分で発言したことを実行するなど自主性が高まったと思います。
アクシスモーションはまだまだ小さい組織なので、会社における自分の重要性や担当している業務への責任感を感じています。
こういったことは大企業ではなかなか感じることができなかったと思います。
自分がいなくても代わりになる誰かがいるのではなく、今では自分にしかできないことも多くなってきているのでとてもやりがいを感じています。

指名される営業マンを目指したい

まずは、営業部として売り上げをどんどん上げていきたいです。
47都道府県全体にPMアシストを広めていき、その後新しいサービスを通じて他の業種にも手を広げて営業先を拡大していけたらと思います。
また、現場のアシスタントの方々はサービスの土台なので、やりがいを感じてもらえられるような環境を作っていきたいです。
アシスタントの方々へ研修を行った時に、会社のビジョンや思いをしっかりと伝えることで、共感してもらい一緒に働いてもらえるようにしていきます。

僕個人の目標としては、指名される営業マンになりたいと思っています。
アシスタントの方から「この人の言うことなら聞いてあげたい」と思われるように、お客様からは「この人にやってほしい、担当してほしい」と言われるような営業になりたいです。
アシスタントやお客様との信頼関係を築いていくのも僕の仕事だと思うので、現場の仕事にもお客様ともしっかり向き合っていきたいと思っています。

04

1日のスケジュール

  • 09:00

    出社

    メールの確認・返信を朝一番に行います。
  • 10:00

    営業

    メールの返信が終わると、営業に出ます。
  • 13:00

    昼食

    次の営業先までに昼食をとります。
  • 14:00

    営業

    午後も外回りに出ます。
  • 17:00

    帰社

    見積もり作成やメールの返信を行います。
  • 19:00

    退社

    次の日のやることをまとめ終わってから退社します。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

お問合わせはこちらから