ブログ
ブログ

懐かしき時代、15年前の流行デザインをリニューアルしてみた

こんにちは、デザイナーの平得です。

皆さんは、個人HPを持っていますか?
私は持っていました。デザイナーという役職に就くよりずっと昔の小学生時代です。
入学祝いに買ってもらったノートPCでFlashゲームをしたり、小説(黒歴史)をかいてみたり、とにかくPCに触らない日はありませんでした。

中でも熱中したのが、個人サイトの訪問や作成です。
当時は小学生でも簡単に個人HPが作れるようなサービスがたくさん存在しました。

今見たら思わず笑ってしまうような文化やデザインが大流行していましたが、10年以上経った今ではそのほとんどが閉鎖しており、見かける事も無くなってしまいましたね。私はこの時代が大好きでしたので、なんだか寂しいです。

そんな事を考えながらブログのネタを探していたら、こんな企画を思いつきました。

「懐かしき時代、15年前の流行デザインをリニューアルしてみよう!」

忘れ去られた文化にも、古き良き部分はあるのではないか?コンテンツはそのままに、今一度デザインをリニューアルしてみる事に。

まずは昔っぽいデザインを作成

早速作って見ました。ダサいですね。ピックアップして見ていきましょう。

絶対王者、レインボー


この時代、なぜかレインボーが大正義とされていましたね。とにかく虹色のテキストがかっこいい、虹色のテキストは最高なんだと全小学生〜中学生は信じていました。勿論私も信じていました。
そして濃すぎるドロップシャドウ。お手軽にリッチな立体感を演出できるベベルとエンボスを見かけないサイトはありませんでした。
コルク調の背景が見出しやバックグラウンドに使用されているのもよく見かけました。

キリ番の踏み逃げは大罪、アクセスカウンター

キリ番と言う言葉をご存知でしょうか?サイトの訪問者を数字で表示するアクセスカウンターの数字が「キリの良い番号」だった場合の呼び名です。
キリの良い番号の定義は曖昧です。このキリ番を踏んでしまうと、掲示板に書き込む事を強制され、なぜか祝われます。
私の場合、キリ番を踏んだ方にはイラストをプレゼントしていたような気がします。誰が喜ぶんでしょうか。

とりあえず散りばめる星


星をつけておけばなんか可愛くなると言う風潮がありました。
一応コンテンツを区切る役目を果たしているものもあるので一概に悪くは言えませんが、目に入る割に得られる印象は薄いです。
マウスカーソルを動かすと星が付いてきたりするサイトもありましたね。個人的にあれは大好きでした。
ただ真ん中に配置されているだけの画像も謎でした。一応、あれがメインビジュアルとしての役割を果たしていたのでしょう。
イラスト系の個人サイトでは、この部分に自身の作品を大きく掲載しているパターンが主流でした。

デザイン自由自在のグロナビ

色が違ったりフォントが違ったり大きさが違ったり、なんでもありのグロナビが多数存在しました。
永遠に工事中のメニューも、あるあるですね。
とにかくデザインするのが楽しくて、いろんなパターンのボタンを作ってしまった記憶があります。

見つけても特にメリットの無い隠しページ


もはやどんなコンテンツが掲載されていたかも覚えていませんが、隠しページの存在にはいつもワクワクしていました。
意図的な隠しリンクは検索エンジンのガイドラインに違反してしまうため、このコンテンツも今は無くなってしまいました。

一通り懐かしいデザインを堪能したので、今度はこのデザインを、

なるべくコンテンツはそのままにリニューアルしてみましょう。

リニューアルデザインを作成

作って見ました。我ながらマシになりました。 どこがどうマシになったのか、ピックアップしてご紹介します。

思い切ってダイナミックに


中央の画像を、MVの背景に使用しました。一見意味のない模様でも、なんとなくオシャレに見えます。
カウンターはむしろ大きくしてみました。訪問者数のカウントに物凄い意味がある訳ではありませんが、「何かありそう」と思ってしまうサイズ感です。
リアルタイムにカウントされてる様子がわかるアニメーションなんかが付いていればもっと動きのある印象になるかもしれません。
キリ番報告用の掲示板への誘導は外せません。

レインボーは申し訳程度に

絶対王者のレインボーをどこに使用するか悩みました。ベースカラーに馴染むよう透明度を下げて、グラデーションの比率を高めに設定しました。

星は数を考えて


星そのものが悪い訳ではありません。今回は見出しのアクセントとして星を1つだけ使用しました。

グロナビはやっぱり統一が無難

グロナビがこの位置にあるのは結構珍しいですが、今回は全てダミーコンテンツなので良しとしましょう。
同じコンテンツである事を瞬時に理解してもらうため、やはり同じデザインで統一する方が無難でした。
ホバー時のデザインなどで差をつけるのは面白いかもしれません。

隠しページ?


これを隠しページと呼ぶかはわかりません(笑)
スクロール先に何かあると確信を持たせて、思わず一番下までスクロールしてしまうデザインにしました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
キリ番強制報告アクセスカウンターやド派手なレインボーも、形を変えるだけで馴染んだように思います。
リニューアルデザインの作成も楽しいのですが、昔のデザインを「あ〜あったなぁ笑」と思い出しながら作っていく工程はとても楽しかったです。
今回作成したリニューアルデザインも、10年後には誰かに「あ〜あったなぁ笑」と笑われてしまうかもしれません。
でもそれでいいですね!ほんの少しでもデザインに魅力を感じて貰えれば、作者としては本望です。

まだサイトが残っている方はぜひ、昔のデザインを懐かしみながら見直してみてはいかがでしょうか。
面白い発見があるかもしれません。

Natsuho Hirae
執筆者

Natsuho Hirae

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

お問合わせはこちらから